北村法律事務所 
052-541-8111

父からの株式を相続せずお金でもらうべきか(石川県Oさん)

~弁護士北村明美(愛知県)の相続ブログ~

(石川県T.Oさんより)

Q.私が父親から贈与を受けた株式と、相続できる株式を合わせても、3分の1ぐらいにしかなりません。
過半数は、とうてい取得することができません。

3分の1しかないのなら、株式を相続せずお金でもらったほうがいいでしょうか。

 

A.株式を、3分の1より1株でも多く持っていると、株主総会の特別決議に拒否権を行使することができます。
例えば、増資や合併を多数派が進めようとした場合、拒否することができるのです。

出光興産の創業家が33.92%の株式を保有し、出光興産と昭和シェルの合併に反対しているというニュースを見たことはありませんか。
株式を3分の1より、1株でも多く持っていると、拒否権を行使できるので、それなりの発言権があることになります。

株式を相続すべきか、株式なんかいらない、お金の方がいいとすべきかは、ぜひご相談ください。

その他の事情も考慮しなければなりませんよね。

 

相続などのご相談は、相続に強い名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

住所:愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

TEL:052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。