北村法律事務所 
052-541-8111

相続税対策~生前贈与の問題点~(岐阜県Yさん)

~弁護士北村明美(愛知県)の相続ブログ~

(岐阜県大垣市T.Yさんより)

相続税対策をしてほしいと、2人の息子に泣きつかれました。

息子たちが言うには、相続税の基礎控除額が

5000万円+1000万円×法定相続人の数

であったのに、

3000万円+600万円×法定相続人の数

に低くなってしまったので、ちょっとした自宅と預貯金を持っていると、相続税がかかってしまうから、対策をしておいてほしいというものです。

そして、毎年、自分達とその子供(孫)4人に、110万円ずつ贈与してほしい。それが対策になる、というのです。

息子2人と孫4人の通帳と印鑑を持ってきましたので、そこに毎年110万円ずつ入金してやろうかと思うのですが、いざお金が必要になったときは、自分が使いたいので、通帳と印鑑は私が持ち続けたいのですが、何か問題はあるでしょうか。

息子たちは、通帳も印鑑も自分たちに渡してくれないと、いざという時に税務署が贈与を否認してくる恐れがあると言います。

生きているうちに、お金がどんどん少なっていくのは、心細い気持ちもします。

 

こういう相談がありました。

皆様は、どう思われるでしょうか。

 

相続などのご相談は、相続に強い名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

住所:愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

TEL:052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。