北村法律事務所 
052-541-8111

父が亡くなったときの評価で、株式は、遺産分割ができないでしょうか(愛知県Mさん)

~弁護士北村明美(愛知県)の相続ブログ~

(愛知県刈谷市O.Mさんより)

Q.父は、株式をたくさん持って、運用していました。

亡くなったときも、上場株がいくつかありました。

株価が上がっているときだったので、母や私は、早く売却してお金で遺産分割をしたかったのですが、弟が言うことを聞いてくれませんでした。

弟は、なぜかお金に執着するたちだったのです。

弟が、自分にだけはたくさん残せと言い張ったため、話し合いができず、結局、家庭裁判所で調停の申し立てをしました。

ようやく、調停でまとまりそうなのですが、父が亡くなったときに比べると、株価はガーンと下がっています。

父が亡くなったときの評価で、遺産分割はできないでしょうか。

今の評価で、遺産分割するしかないのでしょうか。

 

A.遺産分割の場合、父上が亡くなったときの評価ではなく、遺産を現実に分割する段階における、遺産の評価に基づいて、分割することになります。

判例も学説も、その方が相続人間の公平をはかれると考えているのです。

でも、あなたやお母さんにしてみれば、強欲な弟のせい、株価が下がり、少ないものしか相続できないという、怒りをもたれるのも、もっともです。

もともと弟が強欲な性格だとわかっていたのですから、お父さんが生きておられるうちに、良い遺言を作っておいてもらうとよかったのです。

お母さんには、ぜひ遺言を作ってもらって下さい。

 

相続などのご相談は、相続に強い名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

住所:愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

TEL:052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。