北村法律事務所 
052-541-8111

亡くなった母の預貯金を調べるには?(愛知県Aさん)

~弁護士北村明美(愛知県)の相続ブログ~

(愛知県刈谷市K.Aさんより)

Q.父が亡くなったあと、3年後に母が亡くなりました。

そばに住んでいた姉が、母の預金通帳や印鑑やカードを管理しておりました。

亡くなったあと、だいぶたってから、ようやく遺産分けの話が出てきたのですが、母の預貯金の額が、予想していたよりあまりに少ないです。

姉が勝手に母の預金を下ろして、隠しているのではないかと思ってしまいます。

そういうことを調べるには、どうしたらいいでしょうか。

 

A.母上の預貯金の入出金の明細表(コンピューターで作成したもの)を、銀行や郵便局でとってみて下さい。

あなた1人であっても、相続人であることを証明する戸籍謄本や、本人であることを確認できる運転免許証を持参すれば、銀行や郵便局は応じてくれるはずです。

何年分をとるかは、費用がどれくらいかかるか聞いたり、姉が母上の預貯金を管理し始めた時期を考慮して、とって下さい。

 

相続などのご相談は、相続に強い名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

住所:愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

TEL:052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。