北村法律事務所 
052-541-8111

最高裁判例変更になるか。預貯金は遺産分割の対象になるか。

~弁護士北村明美(名古屋)の相続ブログ~

今日、Yさんの遺産分割の審判期日が開かれた。

姉弟が熾烈に争っているため、調停が成り立たず、審判に移行している事件である。

相手方は、何ひとつ合意せず、預貯金を遺産分割の中で分割するということにも合意しなかった。

そのため、従前は裁判官から「預貯金については地方裁判所で金融機関相手に裁判などやってきて下さいね。合意がない限り、遺産分割の審判の対象にはできません。」と、あしらわれていた。

ところが、今年(2016年)の10月19日、預貯金を遺産分割の対象にするかどうかの1954年の判決を変更するのではないかと思われる最高裁大法廷弁論が開かれた。

裁判官は、「最高裁の決定がどうなるのか、私を含めた多くの裁判官が、待っている状態です。最高裁の判例が変更されれば、預貯金を合意がなくても遺産分割の対象にすることになるので、そこの部分は、ちょっとおいておきますね。他でやれる、特別受益や、特別寄与分のところを、先に詰めておきましょう。」などと、述べられた。

裁判官であっても、最高裁の大法廷判決がいつなされるのかは、知らされていないようであった。

 

相続などのご相談は、相続に強い名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

住所:愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

TEL:052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。