北村法律事務所 
052-541-8111

愛人に全財産を遺贈するという遺言は、有効ですか。(愛知県Wさん)

~弁護士北村明美(愛知)の相続ブログ~

(愛知県東海市A.Wさんより)

Q.愛人に全財産を遺贈するという遺言は、有効ですか。

 

A.有効になったケースと無効になったケースがあります。

(1)不倫な関係の維持継続が目的ではないこと。

(2)生計を遺言者に頼っていた愛人の生活を保全するための遺贈であること。

(3)遺言の内容が相続人(妻や子)の生活の基盤を脅かすものではないこと。

上記にあてはまる場合は、有効となるとされています。

(最高裁昭和61年11月20日判決)

一方、遺言の内容が、妻や子の生活の基盤を脅かすなどの事情があるときには、遺贈は公序良俗に違反して、無効になるとされています。

(東京地裁昭和63年11月14日判決)。

遺贈は、全部でなく半分などにしてはどうですか。

 

相続などのご相談は、相続に強い名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

住所:愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

TEL:052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。