北村法律事務所 
052-541-8111

信託銀行へ預けた孫の教育資金のための贈与を、返してもらうことはできますか。(愛知県Kさん)

~弁護士北村明美(愛知)の相続ブログ~

(愛知県名古屋市D.Kさんより)

Q.相続税と贈与税の対策になるからと言われて、孫への教育資金の贈与を子供にねだられました。

金融機関(MT信託銀行)を通して行なう30才未満の孫や子への教育資金のための贈与は、1500万円まで贈与税をかけないという制度だというのです。

この制度だと、MT信託銀行が、教育資金に使ったかどうかのチェックをしてくれるため、孫や子供に無駄遣いされないとMT信託銀行の人からききました。

とても良い制度だと思って、私も妻も1500万円ずつ、計3000万円預けました。

ところが、元気だった夫が交通事故にあって歩けなくなり、認知症にもなって私では面倒がみれなくなり、有料老人ホームに入ってもらうことになりました。

色々お金を使ったので、教育資金として贈与した3000万円を、返してほしいのです。

そうでないと、これからの老後資金が足りないと思います。

返してもらえますか?

 

A.残念ですが、返してもらえません。

教育資金の一括贈与は、贈与したら、原則、解約や返金はできないのです。

この制度は、かなりのお金持ちでないと、利用できない制度だと思って下さい。

有料老人ホームの費用や老後のことは、早急に子供さんたちと話合ってみましょう。

 

相続などのご相談は、相続に強い名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

住所:愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

TEL:052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。