北村法律事務所 
052-541-8111

生命保険金をもらうと、遺留分の権利はなくなるのですか(愛知県Nさん)

~弁護士北村明美(愛知)の相続ブログ~

(愛知県名古屋市T.Nさんより)

Q.母の公正証書遺言を、先日初めて見せられました。

「兄が全て相続する」というものでした。

兄に、「こんな不公平なことはない」と言うと、「お前にもちゃんと考えてあって、生命保険が2000万円もらえるよ」と答えました。

でも、生命保険は、兄も1500万円もらうようになっています。

生命保険を2000万円もらうと、遺留分の権利はなくなるのですか。

 

A.生命保険金は、遺産ではありません。

生命保険契約に基づいて、受取人が当然支払ってもらえるものです。

だから、遺産についての遺留分の権利は、生命保険分減るなどということはありません。

堂々と、遺留分の権利を請求しましょう。

法律用語では、「遺留分減殺請求権(いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん)」といいます。

遺留分減殺請求権は、自分の遺留分が侵害されたことを知ってから1年で時効(除斥期間)にかかってしまいますので、内容証明郵便などで、すぐに請求する必要があります。

 

相続などのご相談は、相続に強い名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

住所:愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

TEL:052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。