北村法律事務所 
052-541-8111

弟に、父の遺言書を破られてしまいました(愛知県Tさん)

~弁護士北村明美(愛知)の相続ブログ~

(愛知県岡崎市I.Tさんより)

Q.父が亡くなりました。

母は病気がちですが、生きています。

子供らは、私と弟です。

私は30才のときにそれまで勤めていた会社を辞めて実家へ戻り、父がやっていた小さい会社の自動車部品製造の仕事を、一生懸命やってきました。

弟は、定職を持たず、家に来るときは必ず親に金を無心しに来ていたので、父親は怒って、「出入り禁止」と宣言しました。

しかし、母親が弟可愛さのあまり、こっそりお金をやったりしていたようです。

父が必ず「必ず遺言を作っておく。お前があとに継いでもらえなければ、この事業もつぶれてしまう。頼むぞ」と何度も言って逝きました。

そこで父が亡くなった後、遺言書を探しましたが、金庫にも仏壇にもありません。

父の大切にしていたものの中に入っているかと思いましたが、やっぱりありません。

母は、最初は「知らない。どうしたんでしょう」等と言っていましたが、問い詰めると、弟が、私が通夜や葬式でてんやわんやしている時に、こっそり帰って来て、遺言書を見つけ、全部長男である私にやると書いてあったため、腹をたてて破いてしまったことを聞きました。

どうしたらいいでしょうか。

 

A.遺言書を破いた人は、相続権を失います(民法891条)。

相続欠格というのは、ひどいことをした相続人から相続権を剥奪する制度です。

遺言書は、決して破いたり、隠したり、偽造したり、変造してはいけないのです。

どういう場合に、相続権を失うかについては、また明日お話しします。

 

相続などのご相談は、相続に強い名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

住所:愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

TEL:052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。