北村法律事務所 
052-541-8111

公正証書遺言を無効にすることはできますか(三重県津市Sさん)

~弁護士北村明美(愛知・名古屋)の相続ブログ~

(三重県津市T.Sさんより)

Q.私の父は、認知症だと診断された後に、遺言を作ったことになっていました。私には1円もくれない遺言でした。

公正証書遺言です。

公正証書遺言でも、無効にすることはできますか。

 

A.公正証書遺言を無効にすることは、極めて難しいのですが、無効という判決をもらったースもあります。

①お父さんが、重い認知症であることが、医療記録からわかったケース

②お母さんの医療記録はあまりなかったけれど、認知症という診断結果が出てきたことと、公正証書遺言を作った10日後に、なぜかほとんどの財産を相続させると書いてもらった長男が、成年後見人選任の手続きをしていたケース

などです。

公証人といえども、認知症であるかどうかの見分けをつけることができるとはいえませんので、公正証書遺言であっても、無効だという判決を得られるケースがあるのです。

悔しかったら、がんばって医療記録などを集めましょう。

 

相続などのご相談は、相続に強い弁護士名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

電話番号052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。