北村法律事務所 
052-541-8111

母の通帳を姉が管理しています。(愛知県Kさん)

~弁護士北村明美(愛知・名古屋)の企業・相続ブログ~

(愛知県名古屋市E.Kさんより)

Q.母が、昨年の8月26日に亡くなりました。

父は、12年前位にすでに亡くなっています。

私と姉だけが相続人なのです。

父が亡くなった時から、少し認知症が始まっていた母の財産を、姉が管理していました。

母が亡くなって49日の時、母の財産を見せてほしいと私は姉に言いましたが、姉は、「財産は残っとらんよ」と言って、三菱東京UFJの通帳を3冊、投げるように見せてくれました。

そこには、たった200万円しか残っていませんでした。

父が亡くなった時の父の遺産は、全て母が相続するという遺産分割協議書にしたので、母には、1億円以上の預金があったはずです。

どうしたらいいでしょうか。

 

 

A.ひどいですね。

まず、三菱東京UFJ銀行へ行って、入出金の明細票を出してもらって下さい。

この銀行は、10年間のものしか出してくれません。

だから、1日でも早く行って下さい。

 

 

 

行って下さったんですね。

それを見ると、毎日、50万円ずつ、何回も何回も下ろしていますね。

こんな不自然なことはありません。

この不自然な払い戻し方のお金について、何に使ったのか、どこに持っているのか等、追及していくしかありません。

 

また、他の銀行や郵便局はなかったでしょうか。

そこもあたって、存在すれば、入出金明細票をもらって下さい。

 

相続などのご相談は、相続に強い弁護士名古屋市(愛知・岐阜・三重)の北村法律事務所 弁護士北村明美へ。

◆◆北村法律事務所◆◆

愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

電話番号052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

ぜひ、ご連絡下さい。