北村法律事務所 
052-541-8111

相続法が変わった(4) 民法改正と遺言

相続法が変わった(4) 民法改正と遺言 1. 6年前、子どもはおらず配偶者は先に亡くなっている方(Aさん)の自筆証書遺言の検認手続きに立ち会ったことがある。 兄弟もすでに亡くなり、法定相続人は、甥や姪の計11名であった。 […]

続きを読む

相続法が変わった(3) 特別受益と遺留分の民法改正

相続法が変わった(3) 「特別受益と遺留分の民法改正」 1.特別受益について、民法改正がなされた点は、 遺留分の算定の基礎となる財産の範囲を見直し、相続人に対する贈与であっても、 遺留分権利者に損害を与えることを知って行 […]

続きを読む

兄弟間の相続トラブル

兄弟間の相続トラブル   父は6月2日息をひきとった。 父の葬式は、家族葬で行った。子ども3名とその配偶者、父の兄弟など、親族が参加しただけであった。 母は5年前に亡くなっている。 相続人は、長男太郎(50歳) […]

続きを読む

相続法が変わった(2)自筆証書遺言書保管制度のメリット 2.自筆証書遺言書保管制度

2.法務省民事局から「自筆証書遺言書保管制度のご案内」というパンフレットが出ている。 「令和2年7月10日(金)制度開始」「あなたの大切な遺言書を法務局(遺言書保管所)が守ります」というキャッチフレーズだ。 いよいよ令和 […]

続きを読む

相続法が変わった(2)自筆証書遺言書保管制度のメリット 1.遺言が有効か無効かの争い

相続法が変わった(2) 自筆証書遺言書保管制度のメリット 1.遺言が有効か無効かの争い ここ数年、遺言が有効か無効かが争点となる事件を何件かやっている。 (1)自筆証書遺言 ①自筆証書遺言は、偽造したと疑われて、争われや […]

続きを読む

相続法が変わった(1) 配偶者は相続税が得・贈与税が得 

  相続法が変わった(1)   もともと有利であった配偶者が、さらに有利になった。 どのように、結婚・離婚等に影響を及ぼすのだろうか。   1.配偶者は、元々、非常に有利であった。特に、税制 […]

続きを読む

婚外子の相続分2分の1に、最高裁が違憲判断下すか?

~弁護士北村明美(愛知県)の相続ブログ~   2010年11月19日の新聞に「顔の傷 男女の補償平等に」という記事が載った。京都地裁の違憲判決の力によって、男女差別が撤廃されることになったのだ。本当によかった。 […]

続きを読む